友人と行くデメリット

どんなことにもメリット、デメリットがあるように、友人と合宿免許に行くことにも、残念ながらデメリットがあります。どんなことがデメリットでしょうか。いくつか挙げてみます。

免許をとる

まずは、ずっと一緒にいると微妙な雰囲気になることもあるということです。2週間以上も一緒ですから、それは無理もないことでしょう。お互いに疲れてくると言うこともあります。でも、この時期を乗り越えてしまえば、さらに仲良くなれることは間違いないのですから、大人の対応で通り抜けましょう。次にどちらかが先に免許取得できて差がついてしまう場合もあるということです。なんとなく気まずい雰囲気になりそうです。そうはいっても、これも仕方のないことです。やはり大人の対応で「気にしないで。」等と声を掛け、乗り越えていきましょう。免許に関して触れないとか、それなりの方法があるはずです。一番無難と言われる食べ物の話題で乗り切ると言うのも良い手腕でしょう。

 

こういったことを乗り越えていくと、友人との仲は深まり、一生付き合える友人になる事でしょう。長いようで短いであろう合宿免許も思い出話の一つとなるはずです。デメリットを乗り越えられる仲になり、今後の人生を共に乗り切っていけるようになるでしょう。

Pocket
Pocket

友人と行くメリット

合宿免許に友人と申し込む場合があります。確かに知らない人ばかりの環境にいるより、友人と一緒の方が落ち着くと言う人もいられるようですから、こういった申し込み方も頷けるものです。

 

では、このように友人と一緒に合宿免許に行くメリットは何でしょうか。いくつか、挙げてみましょう。まずは、その友人との仲が深まることですが、これは言うまでもないでしょう。何日間か浸食を共にするのですから、急激に接近した仲になるはずです。次に、教習の合間に遊びに行けるということがあります。これも学生にとっては大きなメリットでしょう。何しろ、旅行のようなものですから、その地方の見どころなど、見ておきたいものです。また、教習所によっては宿泊場所で遊べる施設がある場合もありますから、そういった施設で楽しむこともできるでしょうから、その際に友人がいると心強いでしょう。

 

それから、切磋琢磨できることも挙げられます。教習で分からなかったことなど、お互いに教え合う事が出来るでしょう。こういったことも大きなメリットです。免許取得の近道となるかもしれません。そして、一生の思い出となる事が最大のメリットでしょう。友人とこのような免許合宿に参加など、一生に一度でしょうから、思い出に残らないわけがありません。いつか一緒に行った友人とこの合宿での思い出を懐かしむときが来るでしょう。

Pocket
Pocket

友人と合宿免許に行く

友人と免許をとる合宿免許は安く取得できること、集中できること、リゾート気分で楽しめる事等など、いいことずくめのようですが、一人で行動するのが苦手という人、知らない人と一緒の環境が苦手という人は、信頼できる友人と一緒に申し込むと言う方法があります。特に女子学生にこのような傾向の人が多いようですから、こういった方法を活用して友人を巻き込んで、たのしい合宿免許のひとときを過ごすのも良いでしょう。

 

精神的に、友人と一緒にいた方が気楽で安心という他にも、友人と一緒の申込で嬉しいことがあります。それは割引です。2名以上同時にお申し込みならば割引というグループ割は安くなったり、キャッシュバックがあったりで、金銭的にも助かります。但し、こういった制度を取り入れているところは限られていますので、申し込みの際、よくチェックしましょう。一人当たり多少の割引になりますが、学生にとっては大きいものですから、見逃してはもったいないでしょう。また、お部屋が一緒になれるように例えば、2人であればツインの部屋を申込時に選んでおくと良いでしょう。こういった手続きや部屋割り、グループ割等で不安な点があれば、申込先のフリーダイヤル(たいていはフリーダイヤル)に電話で聞いてみるという手もあります。

 

当サイトはこういった友人と一緒の合宿免許申込についての情報をお届けいたします。友人と行くメリット、デメリットについて分かりやすくご説明いたしますので、ご参考になさってください。皆様が楽しく有意義な合宿免許の何日間かを過ごせるよう、当サイトは応援致します。

Pocket
Pocket